BLUE FLAME

使用方法

しんの交換方法 (ブルーフレーム39シリーズ)

ブルーフレームの正しいしんの交換方法

動画の再生方法

再生ボタンを押すと、動画がスタートします。動画を止めたい場合は、ボタンを再度押してください。

ご注意

初めてご使用になる時は(新しいしんの場合)は、給油後1時間ほど待ってから点火してください。
(約1時間ほどでしんに灯油がしみ込みます。)

1.
しんを出し過ぎた状態で点火すると、ススが出たり、炎が消えたりします。
2~3mmしんを出して点火してください。
2.
このストーブのしんは、「綿」ですので空焼きしないでください。
油量計が「0」になる前に給油してください。

ご使用時は取り扱い説明書をよく読んで、ブルーフレームヒーターを家族全員で正しく使用してください。
取扱説明書は保証書と共に必ず保管してください。

  • 使用時は必ず換気をしてください。

動画が見られない方は下記の図を参考にして下さい。

注意:しんの交換時は、必ず手袋を着用してください。誤ってけがをするおそれがあります。

JIS合格ラベル

  • 替しんは必ずJIS合格ラベルのついた当社指定の替しん(16LP)を
    お買い求めください。
  • しんは消耗品です。繰り出しが出来なくなった時や、しんの片側がひどく減ってしまった時は新しいしんと交換してください。
  1. STEP1

    STEP1
    • 上枠クリップを引き上げ、本体上部を静かに倒してください。

    ページの先頭へ戻る

  2. STEP2

    STEP2
    • 内炎板をはずしてください。

    ページの先頭へ戻る

  3. STEP3

    STEP3
    • しん外筒を外してください。
    • しん外筒の取り外しは固い場合がありますので、
      手袋をはめて取り外すようにしてください。

    ページの先頭へ戻る

  4. STEP4

    STEP4
    • カバー両側面のねじを外し、カバーを取り外してください。

    ページの先頭へ戻る

  5. STEP5

    STEP5
    • 対震自動消火装置の振子を指で押して消火装置を
      作動させてください。

    ページの先頭へ戻る

  6. STEP6

    STEP6

    STEP6
    • クラッチハンドル(※1)を手前に引いた状態にして、ギヤーが
      空転するまでつまみを右に回してください。
      クラッチハンドルの「6」を真上にしてください。
    • クラッチハンドルと黄ハンドルが離れづらい場合があります。
      両手で平行に引っぱってください。

    ページの先頭へ戻る

  7. STEP7

    STEP7

    STEP7
    • タンクから、しんとしん押えを抜き取り、古いしんを、しん押えから外してください。

    ページの先頭へ戻る

  8. STEP8

    STEP8
    • 新しいしんの爪を、しん押えの長穴にセットしてください。

    ページの先頭へ戻る

  9. STEP9

    STEP9
    • しんのすそがめくれないようにドライバーなどで、
      タンクの中の溝に入れてください。

    ページの先頭へ戻る

  10. STEP10

    STEP10

    STEP10

    STEP10
    • 新しいしんの、二つに割れたすそを、しん案内筒にかぶせ、
      しん内側の黄色のテープが、しん案内筒にひっかかって
      めくれないよう注意してタンクに入れてください。
      しん押えのラック(歯板)をギヤーと案内板の間に入れ、
      (※2)
      ギヤーとラックをかみ合わせてください。

    ページの先頭へ戻る

  11. STEP11

    STEP11
    • クラッチハンドルを手前に引いた状態にして、つまみを左に
      止まるまで回し、しんを下げてください。
      (ギヤーとラックがかみ合っていない場合はしんが下がりません。)

    ページの先頭へ戻る

  12. STEP12

    STEP12
    • クラッチハンドルを手前に引いた状態で、黄ハンドルを→印の方向に回して、ハンドルの赤い線をクラッチハンドルの「3」に合わせてください。

    ページの先頭へ戻る

  13. STEP13

    STEP13
    • 内炎板としん外筒をセットしてください。
    • しん外筒をセットするときは、しん外筒をはめ込み、右方向に回して、「赤マーク」が合うようにしめつけてください。
      「赤マーク」が合ってもゆるいときは、もっとしめつけてください。
    • しん外筒をセットした時は、念のためしんを一杯に上げ、
      しん外筒が持ち上がらないことを確認してください。
    • しんが上がった状態でセットレバーを下げるか、振子を指で押して対震自動消火装置によって、しんがすっと下がるか確認してください。

    ページの先頭へ戻る

  14. STEP14

    STEP14
    • セットレバーを上げ、つまみを右いっぱいに回してください。
      手を離した時に内炎板の穴が1~2列見える位置が適切なしんの高さです。

    しんの高さが適切でない場合

    • しんの高さが高いとき
      STEP12に従い、クラッチハンドルの数字を「3」から「2」に合わせ直してください。
    • しんの高さが低いとき
      もう一度STEP6からやり直してください。
      新たにしんをセットしなおす必要はありません。(STEP7,STEP8を省略)

    ページの先頭へ戻る

  15. STEP15

    STEP15
    • つまみを左いっぱいに回し、しんが約20mm下がることを確認してください。
      確認後、本体上部をセットしてください。

    しんが下がらない場合

    • もう一度STEP6からやり直してください。
      新たにしんをセットしなおす必要はありません。
      STEP7,STEP8を省略)
    • 新しいしんに、灯油が充分しみ込むまで、約1時間ほど待ってから点火するようにしてください。

    ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

FEATURE

Club Aladdin登録フォーム

BFの使用方法で困ったらQ&A集

カタログ・取扱説明書ダウンロード